雑貨屋たんたん店主 富田仙恵さん

取材日:2015年9月5日

「富田さん」と〝たんたん〟  

 みなさんは、かわいい文房具は好きですか?私は、かわいい文房具が大好きな富田さんに取材をしました。富田さんは、〝文具・雑貨のお店たんたん〟の店長さんです。  

 〝たんたん〟の名前の由来は主に3つあります。一つ目は、同じ名前をくり返すかわいい名前が良かったこと。二つ目は、富田さんは〝とみたん〟とよばれていたこと。三つ目は、お店の前の階段を上ると〝たんたん〟と聞こえたことだそうです。
注)現在は移転し階段はありません。

 富田さんが一番好きな文房具は、そういう風にしなくてもいいのにあえてそうしてある柄や形のものだそうです。たとえば、しょうゆさしの形をした「すみっこぐらし」のキャップに「すみっコーマン」と書いてあったり…そういう少し笑えるところが好きだそうです。 

 〝たんたん〟は10年前、「みんなが学校帰りに集まれるような場所を作りたい!! それなら何か売っていた方がいいな」と考え、文房具屋さんになったそうです。そんな思いやりのある優しい富田さんが店長のお店〝たんたん〟にぜひ行ってみて下さい。(美来・小5)

文房具のお店たんたん 

 私は、文具・雑貨のお店のたんたんの店長・富田仙恵さんに取材しました。たんたんでは、かわいい文房具、おもしろい文房具、おかし、雑貨などを売っています。

 たんたんの名前は、かわいい名前にしたくて、ニックネームの「とみたん」から「たんたん」、お店が二階にあるので階段を下りる時の音で「たんたん」、イタリア語でたんたんはおばさんという意味なので「たんたん」になったと言っていました。  

 たんたんには、消しゴム、えんぴつなどが百種類くらい、柄などを全て数えると、2万種類くらいあるそうです。たんたんで一番安い物はアメが5円、モールも2本で5円、逆に高い物は、1mくらいのリラックマのロングクッションが5000円なんだそうです。  

 お客さんに買ってもらうための工夫は、はさみの所にちがう物をおいたりして、宝さがしみたいな感じにしていることです。でも、ちゃんと整理せいとんはしています。色々な物を売っているのでぜひ行ってみてください。 (由依・小5)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
雑貨屋たんたん 
住所:宮前区平5-4-7B
電話:044-865-8123 
HP:https://tantan-oideyo.ocnk.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です