電化パートナー店長 安藤健一さん ソニーコンスーマーセールス 坂本徹さん

取材日:2017年7月16日

電化パートナー

 私は今日、電化パートナーのお店に取材に行きました。ふつうのテレビと4Kテレビのちがいは、4Kテレビは、えがふつうのテレビよりきれいで、スピーカーががめんのところにあるので、おとをあまりださなくてもよくきこえます。

 スマホでさつえいしたものもがめんにうつせます。4Kテレビではユーチューブも見れます。ユーチューブを見る時、マイクボタンをおして見たいテレビばんぐみをマイクにいうと出てきます。

 ひかりのさんげんしょくというので、がめんがうつしだされるそうです。あとひかりのさんげんしょくは三つの色がまざっています。ルーペで見ると、つぶつぶがいっぱいありました。(千晴・小2)

びっくりした4Kテレビ

 今日は電化パートナーの安藤さんとソニーコンスーマーセールスの酒本さんに取材しました。ソニーのせつめいのときにびっくりしたのは、ソニーが外国にあるとははじめてしりました。

 わたしがしつもんしたのは、「むかしのまんがやアニメに出てくるテレビ(ブラウン管テレビ)と4Kテレビはどうちがうのですか?」です。酒本さんは「ブラウン管テレビは、あつみがあって、大きながめんが作れないけれど、新しいテレビは、ビデオカメラでとったどうがを見たり、googleのきのうがついているので、リモコンに向かって見たいものの名前などをいうと、そのユーチューブをみることができる」と言っていました。

 わたしはその答えにびっくりして、うちにもあるといいなと思いました。(愛佑琶・小3)

解説:ソニーの方にもご協力いただき、同社の有機ELテレビの新製品を記者会見形式で 取材させていただきました。安藤さん、酒本さん、ご協力ありがとうございました!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
電化パートナー
住所:宮前区宮崎3-13-30
電話:044-855-1427
HP:http://www.dk-partner.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です