《取材先紹介》うちで農園

画像作成:由依(高校生サポーター)

kidsのみなさん、いちごは好きですか?

2020年最初の取材は
昨年からいちごを作り始めた
うちで農園の三田さんご夫妻を取材します。

川崎市にはいちご農家さんが
10軒くらいあるそうですが、
うちで農園さんは、その中でも新しいいちご農家さんです。

場所は平。

うちで農園のいちごのほとんどは
いちごハウスの目の前で売っているため、
ギリギリまで甘くなるように育てているそうです。

そのため、スーパーで販売されているいちごよりも糖度が高い!

スーパーのいちごの糖度が11〜13だとすると、
うちで農園のいちごの糖度は平均で16くらいだそうです。

私達がお邪魔した時には、
まだ熟していないいちごがほとんどでしたが、

みなさんが取材に行く頃には、
いちごもシーズンを迎え、
ビニルハウスに一歩入った途端に
その甘酸っぱ~い香りに包み込まれるはず、とのことでした。

楽しみですね!!

そんないちごハウスの中はとても暖かく、
冬でも半袖で作業ができてしまうくらいです。

そして、ハウスの中では受粉のために
ハチ達も働いていました。

ハチと聞いてドキッとするかもしれませんが、大丈夫!

ここにいるのは、マルハナハチという
とてもおとなしい性格のハチです。

しかも、作業中の三田さん達の後を
チョコチョコとついて来ることもあるという
人懐こくて、なんだか面白いハチです。

うちで農園で作っているいちごは今4種類。

あきひめ、紅ほっぺ、などは
聞いたことがあるかもしれませんが、
あと2種類は私も初めて聞く名前でした!

あとの2種類の名前は是非みなさんが聞いてみてください(^^)

三田さんご夫妻は
とても明るくて、いちご愛を感じる方々でした。

そんなご夫妻から聞く
いちごのお話はとっても楽しいと思います。
(ハチのお話も面白いです)

取材へのご参加、お待ちしております!

取材先:うちで農園  三田和弥さん&秀美さんご夫妻
取材日:1月24日(日)
集合時間:13時30分
集合場所:さくら坂スタジオ(宮前区宮崎2-7-21-101)
参加費:1500円(※取材参加、記事添削、記事送付代含む)
お申込みはこちらからお願いします。
お問い合わせ:jimotankids@gmail.com(担当:中田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です