《取材先紹介》茶道具専門 万楽堂 代表 穴井さん

画像作成:結(高校生サポーター)

今回は、鷺沼で茶道具を販売されている万楽堂代表 穴井智美さんを取材します。

“茶道”というと、少し堅苦しそう、細かそう・・・と思っていませんか?

実は、今度取材をする穴井さんもそれが理由で子どもの頃は茶道が嫌いだったそうです。
※万楽堂は穴井さんのお父様が始めたお店で穴井さんは、お家が茶道具屋さんだったため子どもの頃から茶道を習っていました。

でもある時、師匠に茶道のお手前の動作1つ1つに込められている意味を教えてもらったことで、面白いなあと思い始め茶道が好きになったとおっしゃっていました。

細かすぎるように見える動作には全て意味があり、実は合理的な動きなのだそうです。

「子ども達になにかメッセージはありますか?」と聞くと、穴井さんはこう答えてくださいました。

「これからの時代は、海外の人と関わる機会が増えると思いますが、海外の人に日本の文化について聞かれた時になにか伝えられるものを持ってほしいなぁと思います。茶道も、そんな日本の文化の1つです。簡単な形でよいので、是非茶道に触れてみてほしいです。茶道のことをいろいろ知るのは楽しいですよ」

お茶室は家や学校などと違い、静かで、とても落ち着いた空気が流れていました。そこにいるだけで心が休まっていく感じがしてお茶室を出た後も、しばらくその余韻に浸っていました。

kidsの皆さんにも是非、この感じを体験してほしいなあと思います。取材の日には、お抹茶を用意してくださるそうですよ。

ご参加、お待ちしております!

取材先:茶道具専門 万楽堂 代表 穴井さん
取材日:3月7日(日)
集合時間&場所:13時30分、宮前平駅
参加費:1500円(※取材参加、記事添削、記事送付代含む)
お申込み:https://forms.gle/SPdjoxjorEPmQuq56

お問い合わせ:jimotankids@gmail.com(担当:中田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です