めぐみ焼菓子店 めぐみさん・ 真由美さん

取材日:2019年12月22日

仲よし姉妹のめぐみ焼菓子店  

めぐみさんがお菓子作りを好きな理由は、子どものころ、たん生日にお母さんがオーブンいっぱいにスポンジケーキをやいてくれることが大好きだったからだそうです。焼菓子は、季節にあわせて作られていて、その中でも一番のオススメは型ぬきクッキーだそうです。なぜなら、型ぬきクッキーは季節にあった型でいろいろな形を作れるし、材料もいろいろ入れることができるからだそうです。  

めぐみ焼菓子店のマークは、めぐみさんのらく書きから始まったそうです。包装紙のデザインも季節によってかわります。春はサクラのもよう、夏はお花のもよう、秋はリスと紅葉がコラボしているもよう、冬はクリスマスツリーの葉のもようです。  

真由美さんとめぐみさんはとてもやさしい人でした。二人はお店をもっていないので、イベントに参加しています。5 年後くらいにはお店をだしたいといっていました。お店ができたら行ってみたいと思いました。(はぐ実・小 4)

とても仲良しのめぐみさん、真由美さん  

焼菓子を作っているめぐみさんと、パッケージ・カードのデザインを作っている真由美さんは姉妹で、めぐみさんが妹で、真由美さんが姉です。二人はいっしょに住んでいたけど、めぐみさんは、ケーキ屋さんで働いていて、真由美さんは美じゅつ学校を卒業し、デザインの仕事をしていました。その時から「いつか二人で何かできたらいいね!」という話をしていて焼菓子店をいっしょに始めたそうです。  

取材している時も二人はとても仲良しでした。そこで私は、「おたがい相手のことをどう思っていますか」としつ問しました。すると、真由美さんが「じゃあ私から」と言って、「私は、めぐみのお菓子は世界一おいしいと思います」と話してくれたその後、めぐみさんも「真由美は、私が言ったデザインを形にしてくれるし、お客さんからたのまれたこともやっていてすごいと思います」と話してくれました。

私はこのしつ問をして、二人はすごく仲が良いんだなぁと思いました。(千晴・小 4)

解説:菅生にあるアパートの一室を工房に変えて、姉妹でお菓子の製造・販売をされています。めぐみ焼菓子店さんのお菓子は、溝の口にできた「ノクチラボ」でいつでも購入できます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

めぐみ焼菓子店
住所:宮前区菅生5-1-1-201
メール:megumiyakigashiten@41fish-design.com
Blog:https://ameblo.jp/megumiyakigashiten/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です