チューリップルーム園長 塩沢節子先生 

取材日:2014年

チューリップルームがんばれ

私は今日、チューリップルームに取材に行きました。そこで、一番はじめに面白いなーと思ったことは、ガラスに絵がかいてあったことです。チューリップルームの子がかいたのかなと思います。しお先生に、大きいようち園とのちがいを聞くと、絵であらわしてくれました。「ないはある」、はじめはどういう意味か分かりませんでしたが、しお先生は、やさしく教えてくれました。たとえば、このようち園には園庭がないけれど、遠くの公園にみんなでいっしょに歩いていくらしいです。大きい幼稚園は、つう園バスで通うけれど、このチューリップルームは、みんなお母さんに歩いて連れて来てもらいます。大きいようちえんは給食があるけれど、 チューリップルームはしお先生がお弁当を作っているそうです。しお先生はみんなのお母さんだとも言っていたので心優しい、とても身近なそんざいなのだなーと思いました。

次は行事です。春は卒園式と入園式、夏は、夏祭りとプールとすいかわりとおとまり会と、誰もがやりたがる流しそうめんがあります。秋は高尾山に親子遠足で行き、運動会、冬はクリスマス会と豆まきで、豆まきの後に忍者ごっこをやるそうです。忍者ごっこをやっているとき、何をやっているのか見る人もいるそうです。いしょうは自分たちで作るそうです。一番人気の行事は運動会です。 なぜようち園の名前がチューリッ プかというと、ようち園といえば、 チューリップの歌がしお先生の頭の中にあったからだそうです。子どもが大好きだから始めたそうです。
(ゆき・小4)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
チューリップルーム
place:宮前区宮前平2-9-23 
tel:044-865-6766
HP: http://tuliproom.info/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です