ライフセーバー田村寛之さん

取材日:2014年

ライフセーバー 田村寛之さん

ライフセーバーとは、海やプールなどの水があるところでおぼれた人やケガをした人を助ける仕事をしている人のことです。その仕事をしている田村さんが一番うれしい時は、 人を助けた時に「ありがとう」と言われる時や、小さな子どもに「がんばって」と言われる時です。

ライフセーバーにとって一番大変なことは、助けようとしている人の反応がないことです。そんな時には、AEDという心臓が止まってしまった人を助けるための道具を使います。(あっきー・小4)

ライフセーバーは どんな仕事?

私は、ライフセーバーの田村寛之さんに取材しました。私たちは、初めにライフセーバーはどんな仕事かを聞きました。ライフセーバーの仕事は主に、海でおぼれている人たちを助けることですが、ほかにもテレビのさつえい現場にいって、 川や湖に落ちたりするシーンの時に落ちた人が、そのままおぼれないように見ていたりするそうです。

田村さんは小さい頃、人から何かを頼まれるとつい手伝ってしまう子だったそうです。大人になったらマクドナルドのオーナーになりたかったそうです。なぜならハッピーセットが好きで、ハッピーセットをたくさん食べられると思ったからだそうです。でも、大人になったら、アメリカの消防士になり、海が好きだからライフセーバーもやろうと思ったそうです。

夏は海に入っている人を見守って、冬は温水プールで練習したり、冬でも海で練習するそうです。 私は、ライフセーバーの話を聞いて、大変な仕事なんだなと思いました。(さら・小4)  

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ライフセーバー 田村寛之さん(株式会社LSL)
place:川崎区貝塚2-11-2
tel:050-3695-4400
HP:http://lifestyle-labo.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です