保育園きのね 園長 よっしーさん

取材日:2019年3月29日

かわいい子どもたちのため   

私は、「きのね」という保育園に行きました。姉がいたときは「たつのこ」という名前でした。変わった理由は、うんえいする人が変わったからです。その後、大人たちで案を出し合って「木の根のように育てる」という意味できのねになったらしいです。 

園長さんに「きのねの自慢はなんですか?」と聞きました。園長さんは「かわいい子どもたちがいて、どろんこになれる庭や、独とくなたてものなどです。」と答えていました。私は、「一番の自慢は、かわいい子どもたちなんだ」と思いました。 

さいごに、この保育園は子どものやりたいことがゆうせんされるのが、とてもいいところです。例えば、ケンカをしててもスッキリするまでやってもいいなどと、子どもの自由があります。保育園きのねはいいところです。(紗羅・小5)

保育園と幼稚園のちがい  

私は、保育園きのねに取材をしました。その中で、質問をして気になった一つをしょう介します。  

「保育園と幼稚園では、なぜ入る年れいがちがうのですか?」ときいたら、そもそもなりたちがちがい、保育園は、親が仕事をしていて、めんどうをみられないので預ける所です。幼稚園は、何かができるようになって、入るのが幼稚園です。  

私は幼稚園に行っていて、保育園のしくみが知りたくて取材に行きたいと思いました。とくにきのね保育園は、けんかをとめず、さいごまでやらせて、すっきりさせるというのは、はじめて聞きました。後にのこらないようにするにはいいと思います。きのね保育園は、とってもいい所だと思いました。(心子・小5)

解説:預けっぱなしではなく、保育者と保護者が方針などを話し合い、共同で運営している保育園。取材の後、kidsは園児のおさんぽに同行しました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

保育園きのね
住所:高津区向ケ丘137-3 
電話:044-866-2195
メール:info@kinone-hoiku.com
HP:http://kinone-hoiku.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です