物を運ぶお仕事を影で支える仕事 るるもっぺさん

取材日:2019年11月10日

るるもっぺはアイヌ語

るるもっぺさんは、物を運ぶ仕事を陰で支える仕事をしています。最初に、なぜ「るるもっぺ」というのかを話してくださいました。るるもっぺさんは、北海道出身で、北海道の中でも北のほうの「るもい」という地域に住んでいたそうです。そこに昔、アイヌという民族がすんでいて、「るもい」のことを「るるもっぺ」と呼んでいたそうです。  

その、るるもっぺさんは8 年前に物流の仕事を始め、7年前にはインドネシアで仕事をしていました。今働いている会社は、物流だけではなく、自動車を売ったりスーパーを運営したりする大きな会社だそうです。るるもっぺさんは、会社の人にどんな仕事がしたいか聞かれた時に、「たくさんの人と関われる仕事」と答えたそうです。そして、物流のお仕事をすることになったそうです。

最近はロボットやドローンでの物流も進んでいて、すごいものでは宇宙物流というものもあるそうです。今日は、取材をしてとっても楽しかったです!(麻央・小6) 

世界中だけでなく宇宙まで! 

るるもっぺさんは、物流の仕事の中でも裏方の仕事をしています。全国何ヵ所から荷物が運ばれているのかというと、百ヶ所以上から荷物を受け取っていて、外国からも荷物を受け取っていると言っていました。外国の例は、ベトナム、ミャンマー、タイ、中国などです。  

外国から荷物を受け取って、日本のどこかに運ぶこともあるけれど、日本の物を外国に送ることもあるそうです。日本の物を送る時は、船を使うことが多いそうです。飛行機は短時間で運べるけれど代金が高いそうです。だから、時間はかかるけど安くすむ船を使って、外国に送っているそうです。  

また、るるもっぺさんの会社ではやっていないけれど、物流には宇宙に物を送る仕事もあるそうです。宇宙ステーションにいる人たちに、食べ物などを送っていると言っていました。私は今回話を聞いて、よく見かける通販だけではなく、外国や宇宙などにも物が送られていることを知って、とてもおどろきました。(槙凜・小5)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

宮前区には何かとご縁があります♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です