環境問題翻訳チーム・ガイア代表 辻麻里子さん

取材日:2015年3月30日

翻訳家の辻さん

 私は、翻訳家の辻さんを取材しました。辻さんは主に、環境問題の本やパンフレットを翻訳しています。辻さんが翻訳家になった理由は2つあります。

 1つ目は、むかし辻さんは通訳をしていたけれど、自分に合わないと思ったからです。通訳は急いでやらなければいけないので、言葉が流れていきます。でも辻さんは言葉や文章が好きなので、言葉とじっくり向き合いたいと思って翻訳家になったそうです。

 2つ目は、環境問題は世界中の国、人の問題だからです。環境問題は世界中の人と物につながっているそうです。   

辻さんは翻訳したい本があるそうです。それは「サイレント・スプリング」です。筆者はレイチェル・カーソンで、この人は環境問題を初めて訴えた人だそうです。私は、この本を読んでみたいと思いました。学校で環境問題についての調べ学習があって、興味を持ったからです。みなさんもぜひ辻さんが翻訳した本を読んでみてください。(仁奈・小5)

今日が私の最初の日

 私は、環境問題の翻訳家の辻麻里子さんに取材をしました。最初、私は2つの仕事が混ざっているのかなぁと思いましたが、1つの仕事みたいです。

 オフィスには大きな本棚があります。英語の本、辻さんが翻訳した本のほか、日本語のハリーポッターもありました。そこで私がおどろいたのは、環境用語の辞書以外に建築用語、デザイン用語などいろいろな辞書があったことです。  

 「私達から見たら辻さんは英語がペラペラなのに、辞書なんているのかな?」と思って聞いてみると、すーっごく使うそうです。知らない単語が山のように出てくるので、辞書は必須だと言っていました。翻訳はすごく分厚くて重くて字が小さい本でも、13人いれば3カ月でできるそうです。  

 辻さんは最初、通訳のお仕事をしていました。でも、通訳は言葉がその場で流れてしまうので、翻訳の道を選んだのだそうです。子どもの時から言葉が好きだったからです。翻訳は一つ一つの言葉にじっくり向き合えるのがいいそうです。私は辻さんに取材して、言葉の良さみたいなものを初めて知りました。

 辻さんの好きな言葉は「今日が私の最初の日」だそうです。じ~ん。とっても いい言葉かも。(美来・小4)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
環境問題翻訳チーム・ガイア
住所:宮前区宮崎2-8-51花林ビル本館301
電話:044-855-8423
HP:http://gaia-translators.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です