【9月末まで開催】短期作文講座「おうちごはん・じゃ~なる」     

~参加者募集!~

9月末までの期間限定で開催する計6回の短期作文教室です。週2回、「自分のおうちごはん」について、作文を書き、提出してもらいます。2014年から子ども達の作文をずっと見てきた真由美編集長が、添削してお返しします。

みんなが大好きな(?!)「おうちごはん」の話なら、作文のテーマとしても、書きやすいのではないかと思います。ただ、作文を書く時には「おうちごはん」のどこに焦点をあてるか、具体的なテーマを決め、しっかり、じっくり、その具体的なテーマについて深堀りして書いてみてくださいね。

たった3週間程度ですが、この「おうちごはん・じゃ~なる」を通じて、文章を書くのに慣れるだけでなく、

・身近なものをいろいろな視点から見つめる
・一つのものを注意深く見る
・自分の文章のクセを知り、意識する

機会になればと考えています。

「おうちごはん・じゃ~なる」の詳細

・対象(小学2~6年生)
・提出日:週2回(火・金の18時まで)
     9月末までであればスタートはいつからでもok。計6回で終了。
     ※ただし、定員があります。
・文字数:原稿用紙半分~1枚程度(欄外にタイトルを入れる)
・提出方法:自宅で作文を書き、提出日までに書いた作文の写メを以下に送る
      《送り先》jimotankids@gmail.com(担当:中田真由美)
 (翌日か、遅くとも翌々日までにコメントを付けてお返しします)
・参加費:3000円
・定員:1週間に5名程度まで

例)
「お味噌汁」について何か書く場合、
どんな味がするのか、
どんな具材が入っているのか、
具材は多いのか、大きさはどうか、
おいしさの秘密はあるのか、
そのお味噌はどんなお味噌か、
家族の反応はどうか、など
普段は意識しない
いろいろな角度からお味噌汁を見つめると
結構、いろいろな情報を集めることができます。

また、お料理自体ではなく、
その料理に使われた野菜を作る農家さんのこと、
その料理にまつわる食卓での会話など
おうちごはんに関わることでもokです!

お問い合わせ・お申し込み:jimotankids@gmail.com(中田)

料理教室「和ごころ食卓」のそがまゆみ先生の食卓写真を使わせていただいています(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です